セキュリティベンダーのトリップワイヤ・ジャパン(北原真之社長)は、主力製品であるネットワークの監視・リカバリー(修復)ソフト「Tripwire for Servers」と、管理ツール「同 for Manager」を今月下旬から販売開始する。今後1年間で、それぞれ3000ライセンス、300ライセンスの販売を見込む。

 「Tripwire for Servers」は、システムが安全な状態のデータを検証しておき、ネットワークが改ざんされた場合に、変更を検知しサーバー上のデータを正常な状態に戻す。前バージョンでは、改ざんがあった際、「いつ」、「何を」までしか把握できなかったが、新バージョンでは、「誰が」まで特定することが可能になった。

 一方、その管理ツールである「同 for Manager」の新バージョンは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を使ってリモートから一括して集中管理することができる。1台の管理コンソールから2500台までのサーバーデータを管理することが可能。このほか、新規ソフトのインストールやパッチの適用も可能で、正常に作業を行えたかも確認することができる。

 同社ではここ1年間、「単体で販売するより、各セキュリティベンダーの製品・サービスと組み合わせた方がユーザーに提案しやすい」(北原社長)として、各ベンダーとの提携、協業体制を強化してきた。具体的には、インターネットセキュリティシステムズ(ISS)やラックなどと提携し、不正侵入検知システムや統合システム管理、バックアップソリューションなどと組み合わせた各種ソリューションを6モデル用意した。これが好調で、「前年比約50%増で売り上げが推移している」。

 北原社長は、「この1年間で大枠となる協業体制を確立できた。今後は、よりきめ細かなサービスラインアップをパートナー企業とともに用意していきたい」としている。