日本ベリサイン(橋本晃秀社長兼CEO)は、企業向けドメイン名の登録・管理サービス「ベリサイン・デジタルブランド・マネージメントサービス(DBMS)」で、中国の地域ドメイン名を特別価格で一括登録が可能となるキャンペーンを開始した。キャンペーン期間は7月29日まで。

 中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は今年3月に、重慶市を表す「cq.cn」の登録開始を手始めに、北京や上海など34種類の地域ドメイン名の登録をスタートした。

 中国に進出する企業では、すでに全ての地域でのドメイン名登録を進めているところが多い。中国全土でのビジネス展開を検討している企業にとっては、早急に地域ドメイン名を登録するだけでなく、権利保護のための管理が必要になる。

 日本ベリサインではDBMSで、登録受付開始を記念して、通常より30%安い特別価格でドメイン名が取得できるキャンペーンを行うことにした。34種類全ての中国地域ドメイン名を一括登録する「トータルコース」が200万円、北京や上海など任意のドメイン名を10個選択して登録する「フリーチョイス10」が63万円となっている。