NECパーソナルプロダクツは2006年4月1日付けで、社長交代人事を発表した。代表取締役執行役員専務の髙須英世氏が代表取締役執行役員社長に就任した。

 髙須氏は、71年にNECに入社、92年にパーソナルコンピュータ事業部の製品技術部長、98年に第一パーソナルC&C事業本部のパーソナルコンピュータ事業戦略室長などを歴任した。01年には、NECカスタマックスの取締役常務に就任、03年のNECパーソナルプロダクツ設立にともない、同社取締役常務に就任。昨年4月には、同社代表取締役執行役員専務に就任。NECグループの個人向けパソコン事業で手腕を振るってきたことから、社長に就任することとなった。

 元社長の片山徹氏は、NEC執行役員専務としてパソコン事業に携わることになる。加えて、今年7月設立の「NECビッグローブ株式会社」の代表取締役執行役員社長も兼務する予定。