アドビシステムズ(ギャレット・イルグ社長)は、2006年5月から開始したパートナープログラム「アドビソリューションパートナーズ」の会員企業を順調に増やしている。スタートから約3か月が経過した時点で会員企業は200社に達した。

 「アドビソリューションパートナーズ」は、同社の製品を活用してシステムを提供しているSIerなどを対象に、ビジネス機会の拡大を支援する制度。日本法人のみが提供している支援制度で会員登録費が無料であることが最大の特徴となる。

 夏秋朋史・マーケティング本部公共・法人市場部フィールドマーケティングマネージャーは、「SIerによる新しいソリューションの創造につなげるために立ち上げた。参加企業の1社がリッチアプリケーション技術『Flex』活用の業務システムを開発した」としている。また、会員企業が製造業や金融業など、これまでアドビが開拓し切れていなかった業界で顧客を獲得しているという。