NECパーソナルプロダクツは1月19日、東京・西新宿にWindows Vistaを体験できるショウルームをオープンする。

 1月30日のVistaの出荷にあわせて搭載PCを投入する同社が、コンシューマを対象にいち早くVistaを体験できる場として提供する。PCによるホームネットワーキングを体験できる場として位置づけている。

 同社では「Windows VistaにするならNEC」をキャッチフレーズにして、Vista搭載PCの各種プロモーションを展開する考えで、ショウルームの設置もその一環となる。これにより、Vista時代におけるNECのブランド力の向上を図る考え。

 同社では販売店に対しても「PCによるホームネットワークの実例、提案の場、および高い付加価値商品の活用訴求の場として活用できるようにしている」として、ショウルームを販売店支援のひとつにも利用する計画だ。

 ショウルームはイベントコーナーをはじめ、ホビー・書斎コーナー、リビングコーナー、トレンドコーナーの4つにわかれ、最新PCとともに利用シーンを提案している。

 リビングコーナーとホビー・書斎コーナーとをネットワークで接続した様々な機器の連動を実演するほか、トレンドコーナーではワンセグ放送やFeliCa、IP電話や新たなモバイル機器の展示およびデモンストレーションも行う。

 場所は、西新宿の新宿センタービル地下1階。西新宿地下道沿い。1月19日午後1時から一般公開を行う。