インテル(吉田和正/ロビー・スウィヌン共同社長)は、デスクトップPC向けクアッドコア・マイクロプロセッサの新ブランド「インテル Core2 Quadプロセッサー」の第一弾製品として、「インテル Core2 QuadプロセッサーQ6600」を含め、3モデルのクアッドコアプロセッサを発表した。

 今回の発表で、インテルはクアッドコアプロセッサを合計で9種類揃えたことになる。デスクトップPC向けの「Q6600」では、動画などのマルチメディアデータを複数同時に編集するなど高い処理能力が必要なPCに最適という。