ユニアデックス(高橋勉社長)は外部からの不正アクセスを検知・防御する運用サービスを始めた。IPS(不正アクセス防御システム)を販売した後、ポリシーの設定など運用サービスの受注につなげていく。中堅企業以上を対象に、3年間で20億円の売り上げを目指す。

 同社はコールセンター窓口、ヘルプデスク、システム監視などのアウトソーシングサービスを提供する「マネージド・サービスセンター」で、すでに不正アクセスを検知するサービスを提供している。

 一方で検知だけでなく、防御および防御するための運用に対してのニーズが高まりを見せたため、サービス化した。

 昨今、企業では法令遵守や認証取得にリソースを取られ、本業に集中できないという課題がある。こうしたことから、負荷を下げるべく、サービスの利用需要が増加している。特にセキュリティではその傾向が強いため、同サービスをマネージド・サービスセンターの一サービスとしてではなく、セキュリティ色をより強くし、個別サービスとしてリリースしたかっこうだ。

 IPSにはインターネット セキュリティシステムズの「Proventia Network IPS」を採用した。導入したうえで不正アクセスの状況を把握。IPSのポリシー設定が複雑なため、運用サービスの導入の提案も進めていく。

 同社では、すでに監視サービスを行っているファイアーウォールなどのセキュリティ機器とあわせて売り込むほか、SI案件でシステム運用とともにセキュリティ防御運用も含めて一括受注を図る。さらに保守サービスを提供している既存顧客にも拡販していきたい考えだ。

 村上義朗・マーケティング&プロデュース室マーケティングマネージャーは「Proventiaを長年やってきたノウハウをもとに、顧客に適切なポリシー設定の提案ができる」と説明している。