メールサーバーソフトの開発・販売を手がけるイー・ポスト(今西和也社長)はメールアーカイブソフトと、電子メール配信ソフトのMTAを連携するソフトのセット販売を開始した。

 日本版SOX法の対象となる上場企業への導入をすすめるほか、上場企業と取引のある中堅企業にも売り込み、発売後1年で100本の導入を目指す。

 2年ほど前からメールサーバーとともにメールアーカイブの販売も行ってほしいとの要望が高まっていたことから、今回販売を開始した。2008年4月施行の日本版SOX法関連での需要を見込み、既存ユーザーへの告知や、新規顧客に対してメールサーバーとともに製品を提案していく。

 販売するのはジップインフォブリッジ(柄澤敏美社長)のメールアーカイブソフトと、同社製のMTAを連携するソフトのセット「E─Post QSend Server for SAVVY/Mail Retriever(イーポスト・キューセンド・サーバ・フォー・サビィ/メール・リトリバー)」。メールアーカイブにはメール500万通を暗号化、圧縮して格納できるほか、検索の高速性を実現した。

 また、中小企業向けには、ログイット(立古史朗社長)のメールアーカイブアプライアンス「ウチノBOSS(ボス)メール」と同社製のメールサーバー「E─Post Mail Server Standard(イーポスト・メール・サーバ・スタンダード)シングルサーバ版」をセットにした「ウチノBOSSメールセット」も販売している。