NRIセキュアテクノロジーズ(増谷洋社長)は「ウェブアプリケーション・ファイアウォール(WAF)管理サービス」を開始した。同社のアウトソーシングサービス「ファイアウォールネットワークセンター」のメニューの一つに追加する。WAFの運用、管理サービス提供は「おそらく業界で初めてのこと」(情報セキュリティ事業部の曽谷祐一氏)としている。

 同社ではウェブアプリケーションのぜい弱性診断などを含む「セキュリティ診断サービス」を提供している。通常、診断でアプリケーションに何らかのぜい弱性が発見された際には、改修し対策を打つ。しかし、古すぎるアプリケーションの場合には改修自体が難しいという問題があった。WAFが昨年頃から話題になっていることや、顧客からの要望もあったことから、WAFの運用管理サービスをメニューとして加えた。WAFの筐体を販売している競合は存在するものの、「運用、管理サービスを提供しているのはおそらく当社のみ」(曽谷氏)としている。

 同サービスは機器の提供からコンサルティング、導入した後の機器の監視、障害対応、設定変更などを含む。ネットワーク機器などの運用、アセスメントの攻撃防御の知識から、どのようなウェブサイトがどのような攻撃に防御しなければならないかなどのノウハウをもっていることを大きな強みとしている。WAFは設定が難しいなど、導入にあたり課題もあったが「独自のシステムにより課題を解消した」(情報セキュリティ事業部の川崎敏行氏)。

 導入テストなどを経て提供する「基本サービス」のほか、「緊急導入サービス」も用意した。ウェブアプリケーションが何らかの攻撃を受けたとか、診断結果から緊急の対策が必要となった際に提供する。

 同社のネットワークサービスを利用している既存顧客のほか、セキュリティ診断サービスからの引き合いを見込んでいる。ただ、実際サービスを開始したばかりで、今後どのようなニーズがあるかは手探りの状態であるため、今年は数十件の導入実績を獲得することを目標としている。