ネットワンシステムズ(澤田脩社長)は、クレジットカード業界基準の「PCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)」に基づく、PCI DSS準拠支援サービスを開始した。クレジットカード情報を取り扱う事業者やサプライチェーン全体に関するセキュリティポリシーの確立を考える事業者向けに販売する。

  PCI DSSは、国際クレジットカードブランドの「VISA」「MasterCard」が、カードビジネス関連事業者向けに機密として扱うクレジットカードの会員情報や取引情報の保護に関して、ビジネス上の「最低基準」を確立するために策定した基準。

 PCI DSSを適用すると、「クレジットカード業界基準と同等の強固なセキュリティ対策」を適正な投資で実現できる。また、マネージメントシステムの構築に重点を置いたISMSと併用すれば、自社のセキュリティ対策の実現レベルが明らかになり、セキュリティ投資の根拠を明確にできる。

 「PCI DSS準拠支援サービス」は、PCI DSSの要件に基づく現状調査を実施し、適合性に関する報告書を作成して、現状分析結果を報告する「コンサルティングサービス」、PCI DSS準拠に必要となるファイアウォールや侵入検知システムなどのセキュリティ対策ツールの適正な導入を支援する「インテグレーションサービス」を提供する。またユーザーの運用負荷を低減する「オペレーションサービス」や「セキュリティ教育サービス」も提供する。