クレオ(土屋淳一社長)は8月9日、ヤフー(井上雅博社長)のシステム運用業務を代行するための専門運用センターを開設、8月13日に稼働開始すると発表した。クレオはこれまでヤフーのシステム運用業務を請け負っていたが、ヤフーの業容拡大に伴い、クレオが引き受ける運用業務も拡大。専用センターを設けることで対応する。

 専用センターは稼働当初20人でスタート、24時間体制で運用する。また、ヤフーがこれまで以上に安定したサービスを提供するために、ヤフーが展開するネットサービスのテストを行う専門センターも年内に開設する計画。

 クレオは、コンシューマ向けパッケージソフトを開発・販売しながら、官公庁や企業に提供する情報システムの構築および運用サービス事業でも実績がある。システムの運用ノウハウと実績がヤフーに評価され、今回の受注拡大に至った。