サイボウズ(青野慶久社長)とOSK(宇佐美愼治社長)は9月4日、業務提携してサイボウズの大規模向けEIP型グループウェア「サイボウズ ガルーン2」と連携するeラーニングシステムを07年秋に発売すると発表した。価格はシステム開発中のため未定。

 サイボウズのグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」と、OSKのeラーニングシステム「EasyLearning(イージーラーニング)」を連携して使えるようにインターフェイスも含め共同開発を行う。

 高いITスキルを持たない企業でもグループウェアとともに簡単に安価に導入・運用できることが大きな特徴。製品の機能を絞り込み、インターフェイスも直感的に操作ができるサイボウズのグループウェアをベースに開発するため、パソコン操作に不慣れな人でも簡単に使える。また、多くの企業で導入が進んでいるグループウェアと連携するので、ユーザー管理などの煩雑な作業にかける時間を削減できる。

 さらにグループウェア導入後に、時間をかけずに社内に浸透できるように、eラーニングシステムにグループウェアの運用・活用方法に関する教育コンテンツもバンドルして提供する予定。