アシスト(ビル・トッテン代表取締役)と日本オラクル(新宅正明社長)は9月12日、データベース運用管理分野で協業し、日本オラクルの統合運用管理システム「Oracle Enterprise Manager」の拡販・導入を共同で推進すると発表した。

 「Oracle Enterprise Manager」は、アプリケーション、ミドルウェア、データベース管理を横断してシステム管理を行う統合エンタープライズ管理ソリューション。同製品を利用することで、オラクル製品や他社製のデータベースやアプリケーションサーバー、各種OS、さらにストレージやネットワークといったハードウェアまで、システムを構成するコンポーネントを一元的に管理できる。

 今回の協業では、これまでの「Oracle Database」および関連製品の販売、サポートや「パフォーマンス・セラピー」によるデータベース診断などでの協力関係をさらに強化し、「Oracle Enterprise Manager」を中核としたデータベース運用管理ソリューションを積極的に推進。具体的にはアシストが、新たにデータベース運用管理システムとして「Oracle Enterprise Manager」の使用を提案するほか、「Oracle Enterprise Manager」に関する無償セミナーや導入に向けたコンサルティングサービス、導入先企業への定期訪問サービスの提供を開始する。

 日本オラクルは、これらの活動を全面的に支援するほか、データベース製品の最新版「Oracle Database 11g」に含まれる「Real Application Testing」などのデータベース運用管理にかかわる機能について、アシストと共同検証を行っていく予定。