ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫社長)は9月13日、DHCP/DNS環境を構築するアプライアンス「Net’Attest D3」を発売した。

 03年に発売したアプライアンス「Net’Attest EPS」に、DNS機能を追加しDHCP機能を強化したモデルで、企業内ネットワークでDHCP/DNS環境を構築するための専用機器。「Net’Attest D3」で構築するDHCP/DNS環境は、各デバイスに付与する固定IPアドレスではなく、アクセスのあった機器に対しその都度IPアドレスを付与するため、モバイル機器から企業内ネットワークのアクセスを容易にする。

 加えて、DHCPでは要求のあるすべてのデバイスにIPアドレスを付与してしまうため、セキュリティレベルを下げてしまう危険性があるが、「Net’Attest D3」ではMACアドレスを登録することで未登録デバイスからの接続を制限。セキュリティレベルを下げることなく、DHCP環境を構築可能になる。MACアドレスは、「Net’Attest D3」1台で2500台まで登録可能。

 GUIは日本語でWebベースの直感的に操作でき、DHCP/DNS環境を約30分で構築できるという。価格は45万円。初年度1500台の販売を目指す。