デジタルガレージ(林郁代表取締役兼グループCEO)は9月26日、ビジネス向けSNSサイト「LinkedIn(リンクトイン)」運営の米リンクトイン(リード・ホフマン会長兼社長)と日本での「LinkedIn」運営で協力することで基本合意したと発表した。

 デジタルガレージは、日本で「LinkedIn」を開始するために必要な日本版のサイト仕様策定および日本市場での事業体制の構築をサポートする。一方、米リンクトインは、ホフマン会長兼社長がデジタルガレージのアドバイザリーボードメンバーに就任。デジタルガレージの事業運営をサポートする。

 「LinkedIn」は、ビジネスに役立つ情報を豊富に揃えたSNSサイト。現在全世界で約1400万人の会員を保有し、日本の会員は約7万人だという。