網屋(伊藤整一社長)は、J-SOX法への対応をトータルに支援する製品・サービス「マキシム・スイート」の提供を開始した。低価格で短期間での導入が可能なことを武器に、新興市場などに上場するSMB(中堅・中小企業)を対象に販売。1年間で12億円程度の売り上げを見込む。

 「マキシム・スイート」は、内部統制の整備や運用、評価ツールを開発するメトロジーと提携することで製品・サービス化が可能となった。コンサルティングやテンプレート、文書作成の代行、運用系ツール製品などを組み合わせたメニューを揃えている。網屋が提供するIT統制コンサルティングや監査関連の製品・サービス、プロジェクトマネジメントと、メトロジーが持つ業務処理統制コンサルティングやテンプレートパッケージ、PDCA運用のASPサービスなどを組み合わせた。伊藤社長は、「上流から下流まで一貫してサポートできる」としている。

 価格はメニューによって異なるが、「コンパクト対応」となるテンプレートの430万円をはじめ、J-SOX版に対するコンサルティングが1200万円、IT統制版のコンサルティングが430万円などとなっている。「完全対応」のフルコンサルティングサービスは3000万円からに設定。「(他社が提供する)コンサルティング費用に比べれば、はるかに低価格」という。

 販売については、「当面は関東地域を中心にユーザー企業を開拓する」としている。将来的には、各地域の個人会計士を組織化することによる提供も検討しており、全国網での販売を視野に入れる。販売開始後1年間のユーザー企業数については、「コンパクト対応のサービスで30社を獲得する」としている。