日本オラクル(新宅正明社長)は10月4日、中堅企業向けアプリケーションのパートナープログラム「Oracle Accelerate(オラクル・アクセラレート)」を発表した。このプログラムを基軸に、パートナー各社との協業を強化、「Oracle Applications」の中堅企業向けビジネス拡大を狙う。

 中堅企業の業務アプリケーションへのニーズに対応し、ソフトウェアライセンス、ハードウェア、サービスを一括で提供する。6か月以内を目安とする導入期間と導入費用、サーバーと「Oracle Applications」のライセンス費用を一括で提供可能な価格を提示。新ソリューションを速やかに市場に展開するために必要なカタログやソリューション内容を詳しく記載したWebサイトなども準備する。

 「Oracle Accelerate」は、パートナー各社のもつアプリケーション導入時の業務知識や業界知識や技術力をもとに「Oracle Applications」を低価格・短期間で導入可能とするソリューションを開発し、市場に展開するためのパートナープログラム。パートナー企業は「Oracle Business Accelerators」を活用して各業界別の標準的機能を追加し、さらに追加開発が必要な機能を加えて「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発する。これにより顧客ごとに発生する機能追加、変更作業を最小限に抑え、導入期間や導入コストを削減できる。

 オラクルは「Oracle Accelerate」参加パートナー向けに「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発する仕組み「Oracle Business Accelerators」を無償で提供。パートナーの「Oracle Applications」技術者拡充プロジェクト「Project+1000」のプログラムの一部、主に製品の導入技術習得コース、中堅企業向けERP製品の導入技術習得コースやプロジェクト・マネジャーのスキル習得コースを提供する。

 すでに20社のパートナーが同プログラムへの参画を決定、オラクルの業務アプリケーション製品「Oracle E-Business Suite」と「JD Edwards EnterpriseOne」を中心に、07年12月までに30種類の「Oracle Accelerate」のソリューションを提供する。