NECは10月9日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中核としたWebツール「Social Tool Mart」を、SaaS(Software as a Service)型で提供すると発表した。10月からSNSのサービスを開始するのを皮切りに、連携するツールを順次追加し、3年後には15種類に拡充する予定。SNS単体の税別価格は、1契約当たり月額7万円から。

 「Social Tool Mart」は、SNS構築エンジンとして、操作性や安定性に優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の「OpenPNE」を採用。ミドルウェアにはOSSのスタック「SpikeSourceコアスタック」を活用した。インターネットなどを経由してソフトウェアの機能を利用できるSaaS型で提供するため、導入企業はソフトウェア調達やシステム運用などにかかる経費を削減できる。また、オープンソースを活用しているため、さまざまなツールを連携サービスとして利用することも可能。

 同社では、「Social Tool Mart」における連携ツールの応用例として、SNSの人的ネットワークとコンテンツ管理や作業管理を組み合わせたサービスを提供し、企業内・企業間利用やマーケティング分野などの市場を開拓する計画。さらに、サードベンダーによるツールやサービスとの連携を可能にするアプリケーションインターフェース(API)を整備し、利便性の高いサービスへの拡張を目指す。

 なお、10月のサービス開始にあたり、三井不動産販売が団塊の世代向けのビジネス拠点として日比谷三井ビルディング内に開設した、オープンオフィス形式の会員制施設「相創の場」プロジェクトにトライアルサービスとして導入した。NECでは、「Social Tool Mart」で年間3億円の事業規模を目指すとともに、今後3年間で100社の顧客獲得を見込む。