HDE(小椋一宏社長)は10月11日、ゲートウェイ型メール暗号化ソフト「HDE Secure Mail for ZIP」をコンサルティングサービスなどのCSアカウンティング(金子寿一社長)に納入したと発表した。

 「HDE Secure Mail for ZIP」は、メールの添付ファイルをゲートウェイで一括暗号化し、パスワード付きのZIPファイルに自動変換する。すべてサーバーで自動処理するため、暗号化を怠る心配がなく高いセキュリティレベルを確保できる。社員は暗号化処理する手間がない。

 CSアカウンティングは、複数企業にコンサルティングやアウトソーシングサービスを提供。顧客企業の情報を添付ファイルで送受信することが多いが、暗号化は各自で行っていた。添付ファイルのセキュリティレベル向上策を模索した結果、「ゲートウェイで全自動」の特徴を評価し、HDE製品の採用に至ったという。