日本セキュアジェネレーション(日本セキュジェン、秋葉茂隆社長)は、指紋認証システムをWebサーバーへのアクセス制御に統合したソリューション「Secu@PASS(セキュアットパス)」を発売した。

 従来のWebベースアプリケーションへアクセスするためのID/パスワードを入力する代わりに、指紋認証により本人確認を行うアクセス制御のパッケージソフトウェアソリューション。クライアントPCに接続した指紋認証装置と、認証要求ごとに発行するワンタイム・パスワード(OTP)による自動認証とを組み合わせることで、安全な情報セキュリティ環境を提供する。

 ユーザーを一括管理することで、複数のWebシステムにも1つの指紋でログイン可能。登録した指紋認証で本人確認を行うほか、使用された指紋認証装置の登録確認とあわせて、より強固なセキュリティを実現する。

 同ソリューションを利用することで、既存のWebアプリケーションに指紋認証機能を付加するための開発が不要になり、既に使用中のWebシステムに対し、追加の開発を行わずに指紋によるアプリケーション認証を実装することができる。