富士通ビー・エス・シー(富士通BSC、兼子孝夫社長)は、情報セキュリティソフト「FENCE」シリーズの新ラインアップとして、Winodows Mobile 6搭載スマートフォン向けのデータ暗号化と情報漏えい抑止ソフト「FENCE-Mobile」を12月25日に発売する。

 「FENCE」シリーズ初めてのモバイル端末向けモデル。スマートフォンの内蔵メモリと、利用可能な外部メディアを暗号化し、重要なデータの不正利用から守る。アドレス帳やスケジュールなどのデータや、外部メディアに格納するファイルを自動で暗号化する。

 また、データ流出を未然に防ぐために、データ転送可能なメディアや無線LANおよび赤外線などのネットワーク利用を制限可能。対応OSは、Windows Mobile 6 Standard/Professional/Classic。価格は、1ライセンス1万500円。3年間で20万ライセンスの販売を目指す。