モバイル関連の製品、サービスを手がけるノイアンドコンピューティング(藤川英士社長)は、ソリューションの拡充に注力する。

 同社は、ネットワークに導入するだけで、コンテンツを各キャリアの携帯端末に合わせて自動変換するモバイルコンテンツゲートウェイ「エリクサー・モバイル・ゲートウェイ」を2003年から販売。「NIerがイコライザとセットで販売するなどして、現在までに大手のマスコミ、金融などに導入実績がある」(藤川社長)としている。

 今年9月にはモバイルコンテンツゲートウェイ新版の出荷を開始したほか、今後は多様な形式からモバイル向け動画に変換するアプライアンスサーバー、またKLabの高速メール配信エンジン「アクセルメール」をエンジンにしたメールの編集、配信ができるモバイル向けメール送信アプライアンスも発売する予定。

 初年度(2008年3月期)は、動画アプライアンスで25台、メール送信アプライアンスでは15台の販売を目標に掲げている。