日本ユニシスは10月22日、ICタグを使って、物流現場における搬送器具や製品・部品などのトレーサビリティと、ロケーション管理を支援するシステム「VisibleLogisticsSolutions(ビジブルロジスティックスソリューションズ)」を発売した。

 パレットやカゴ車・通い箱などの搬送器具を管理する搬送器具管理ソリューション「PalleTracer」、製品や部品など搬送品のトレーサビリティのための「搬送品トレースソリューション」、倉庫・物流センター、店舗内における製品や部品のロケーションを管理できる「ロケーション管理ソリューション」の3つのソリューションで構成し、ICタグを活用して、個品だけでなくロット・賞味期限レベルのトレースやロケーションを管理する

 これにより、サプライチェーンにおける商品や部品、搬送器具の在庫状況をリアルタイムに把握でき、滞留・偏在の解消による在庫の全体最適化とコスト削減を図れ、同時に需要予測精度の向上、入出荷検品の効率化などにより、在庫の圧縮やリードタイムを短縮、ジャストインタイムを実現する。

 2.45GHzとUHF帯(950MHz帯)などの複数のICタグ周波数帯や、バーコードに対応し、利用環境や業務モデルに合わせることができる。現場の運用にあわせてハンディ型リーダーライターや、ゲート型リーダーライターの選択が可能。価格は、「PalleTracer」など単体のソリューション一式に、サーバー1台とハンディ型リーダーライター3台、ICタグ1000枚を含めて500万円から。3つのソリューションを合わせた一式では1000万円から。今後3年間に10億円の売上げを見込む。