KLab(真田哲弥社長)は10月24日、携帯電話の呼び出し音に楽曲や音声を設定できるサービス「エンタ!なコール公式」で、小島よしおさんやダンディ坂野さんなど芸人の音声ラインアップに加えたと発表した。

 「エンタ!なコール公式」は、NTTドコモの「iモード」とKDDI(au)の「EZweb」向けの呼び出し音配信サービス。自分に電話を掛けた人に向けて、好みの楽曲や音声を呼び出し音として設定できる。コンテンツは、人気のお笑い芸人やアーティストの音声など約1000タイトルを用意。「iモード」の「メロディコールボイス/サウンド」カテゴリでは、ランキング1位の人気サイトとなっている。利用価格は1コンテンツ31円。

 今回新たに加えたのは小島よしおさん、ダンディ坂野さん、狩野英孝さん、漫才コンビのU字工事。小嶋よしおさんは、競泳パンツ一枚で歌い踊る自虐ネタが人気の芸人で、「そんなの関係ねぇ!」や「オッパッピー!」などのセリフが人気を集めている。

 このほか、「ゲッツ!」の掛け声が話題になったダンディ坂野さんと、自称イケメン芸人の狩野英孝さん、栃木弁の掛け合いで注目を集めている漫才コンビのU字工事などをラインアップ。それぞれ自慢のセリフやネタの音声を収録している。配信開始は、ダンディ坂野さんが11月24日で、ほか3芸人はすでに配信開始している。