ジャストシステムは10月29日、構造文書の作成・編集・管理機能を強化したxfyプラットフォーム「xfy Enterprise Basis 2.1」と、この上で動作する統合情報基盤「xfy Document Solution Core 1.0」を12月19日に発売すると発表した。

 「xfy Document Solution Core 1.0」は、業務文書作成・管理のソリューションを構築する際に必要な基本コンポーネントを搭載しており、「xfy Enterprise Basis 2.1」とセットで導入することで、文書内の情報の徹底した再活用と、チーム作業による文書作成・編集作業や成果物の一括管理を実現。ドキュメント内の情報が変更になった場合も、単なる文字修正ではなく、意味として関係するすべての情報ユニットを一括更新することができ、再構成を行う際も整合性のとれた改訂が行える。

 また、場面や対象者によって、必要に応じてその場で情報を追加・修正したり、適切な文書フォーマットに代えるなどの対応も柔軟に行え、信頼性の高いシステムを維持できる。「xfy Document Solution Core 1.0」に、金融機関向けや製造業向けなどさまざまな業種に特化した機能を搭載することで、目的に合ったソリューションを創出したり、他社の製品やソリューションと組み合わせることも可能。

 税別価格は、1サーバー・50クライアントライセンスの場合、「xfy Enterprise Basis 2.1」が750万円から、「xfy Document Solution Core 1.0」が550万円から。このほか、「xfy Enterprise Basis 2.1」「xfy Document Solution Core 1.0」と連携し、構造化された文書内の情報の高度な検索を可能にする「ConceptBase Enterprise Search for xfy」も08年3月に発売する。税別価格は500万円から。