アダプテックジャパン(アダプテック)は10月30日、「Unified Serial(SATA/SAS対応)RAIDコントローラ」が米Micro Depot(MDI)が販売する「Teras iSCSI storage area network(SAN)Custom and Portable storage servers」に採用されたと発表した。

 米MDI製品は、SANテクノロジの導入コスト全般を改善するためにデザイン。主に政府機関でのトランザクション処理やアーカイブ、データマイグレーション、バックアップなどの用途で採用されるケースが多い。複数のコントローラを検証していたなかで、アダプテック製品がもっとも信頼性が高いと判断し採用を決めた。

 アダプテックは、PCI Express(PCIe)インターフェイスにSATA/SAS対応のRAIDコントローラ ファミリを販売。Unified Serialファミリには12ポートや16ポートモデルほか、ロープロファイルの4および8ポートモデルをラインアップする。