京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は11月1日、文書管理システムの新版「GreenFile X Version1.5」を発売した。価格は1CPU315万円から。発売後1年間でSIサービスを含め1億5000万円の売り上げを目指す。

 新版では、Microsoft Active Directoryとの連携機能を追加。Microsoft Active Directoryと「GreenFile X」の認証を統合することで、企業内ネットワークへのアクセスが許可されると同時に「GreenFile X」にログインすることが可能になった。IDやパスワードを個別に入力する手間が省ける。

 また、文書検索時の一覧表示機能をユーザーの好みに応じてカスタマイズ可能にした。文書名や更新日、更新者などの一般的な項目での分類表示だけでなく、図番や決裁者などを新たに項目として設定し一覧表示できる。