HDE(小椋一宏社長)は11月20日、添付ファイル付きメールを暗号化し情報漏えいを防止するソフトの新版「HDE Secure Mail 2.5 for ZIP」を11月30日に発売すると発表した。

 添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワードを付加したZIP形式に自動変換する。サーバーで一括暗号処理するので、クライアントユーザーの操作ミスなどによる未処理を防ぐことができる。

 新版では、拡張子がZIPのファイルを送れない場合に拡張子を変更して送信することができるようにしたほか、パスワードと暗号化しないメールアドレスを一括登録・検索できる機能を追加。「VMware ESX Server」で稼動するゲストOSでも動作可能にした。価格はライセンス数で異なる。12月末までキャンペーンを実施中で、キャンペーン中の税抜価格は100ユーザーの場合で100万円。