マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は11月26日、日本の教育機関の情報化を推進するため、初等教育から高等教育までの全教育機関を対象としたICTソリューション「エデュステーションパートナー」を創設した。同日時点で、11社の企業が参加し、活動を開始する。

 マイクロソフトは、パートナーに対し、教育分野に特化した製品情報の提供や技術サポートを行うことで、参加企業の円滑なソリューション提供を支援する。また、情報冊子、Webサイト、セミナーなどのマーケティング資材や機会を提供、ユーザーがエデュステーションパートナーに容易にアクセスできる環境を整える。

 このほか、エデュステーション関連ソリューションの導入だけでなく、製品の共同開発や先進的な事例の公開も行う予定。同活動により、全国約170の教育機関へのエデュステーションの導入を目指す。

 11月26日時点の参加企業は、内田洋行、SAPジャパン、大塚商会、京セラ丸善システムインテグレーション、システムディ、シャープシステムプロダクト、Sky、デジタル・ナレッジ、日本総研ソリューションズ、NEC、富士電機ITソリューションの11社。