セキュアヴェイル(米今政臣社長)は、複数のセキュリティ技術を搭載したASP型の法人向けファイル転送サービス「DataStare(データステア)特命ファイル転送サービス」を11月30日に開始した。

 情報漏えい防止ソリューション「データステア」の高レベルなデータ保護技術に、同社のネットワークセキュリティ技術を標準装備する。ファイル1つ1つにセキュリティをかけて受渡しを行うと、指定された日時、時間経過などにより完全にファイルを自動で消滅できる。受信側は、データ形式を変えずに利用できるが、送信側の指定でコピーや貼り付け、編集、別名保存、印刷などを禁止でき、ファイル提供後もデータをしっかりガードできる。

 またファイルの送受信は、すべて同社のセキュア・デリゲーション・センターを通して行なわれ、セキュリティの専門家が有人で24時間365日ネットワークを監視。暗号通信やウイルスチェックなど万全なセキュリティ対策により、なりすましや盗聴、ウイルス感染、フィッシング詐欺などの心配をせずに安全にデータの受渡しが行える。

 既存のサーバやネットワークの変更は不要で、ファイル提供先は送られた書類(DSTファイル)とともにDataStareクライアントをインストールするだけで使用できる。

 利用するにはWebサイトでの登録・利用申込みが必要。税別料金は月額利用の場合で容量100MBが5000円、1GBで9500円。半年間では100MBが2万5000円、1GBで5万2000円、1年間で100MBが5万円、1GBで10万4000円。