GMOインターネット(熊谷正寿会長兼社長)は12月12日、中小企業向けのネット広告分野でヤフー(井上雅博社長)と資本・業務提携することで合意した。

 ヤフーに対し第三者割り当て増資を実施、新株式505万4152株をヤフーに割り当て、ヤフーはこれを引き受ける。総額は14億104円で、発行済株式総数に占める所有株式数の割合は5.0%。

 中小企業向けインターネット広告市場の展開で相互協力し、事業展開を行うことが目的。広告商品の企画・開発や販売チャネルの拡大を共同で手がける。両社はこれまで共同出資会社JWord設立のほか、オーバーチュアと事業提携を行うなど、ネット広告分野で協業していた。