サイボウズ(青野慶久社長)は12月17日、製品の大幅に強化するため、08年春から既存3製品の次期バージョンをリリースすると発表した。その第1弾として大規模向けEIP型グループウェア「サイボウズ ガルーン 2(ガルーン 2)」の次期バージョンと、それに連携する新製品「全文検索システム」を発売する。

 「サイボウズ ガルーン」は「おてがる」「ひろがる」「つながる」をテーマに開発された大規模向けグループウェア。08年春に発売予定の次期バージョンではスケーラビリティの強化を行う。また検索性を向上させるため、「ガルーン 2」と連携する「全文検索システム」を発売。手軽に「グループウェア横断検索」「ファイル内検索」「アクセス権限対応検索」を行える。

 「グループウェア横断検索」は「ガルーン 2」に蓄積された情報の一括検索が可能。「ガルーン 2」の「掲示板」「社内メール」「Webメール」「ファイル管理」の各アプリケーションに蓄積された情報を横断的に検索できる。

 「ファイル内検索」では、「掲示板」や「社内メール」「Webメール」の添付ファイル、「ファイル管理」に保管されたファイルの中身までも検索可能。「アクセス権限対応検索」では、アプリケーションやファイルへのアクセス権限がないと、検索してもその資料などは「検索結果」に表示されない。これにより、機密情報の漏えいに対する心配を大きく軽減できる。

 08年1月30日から2月1日まで東京ビックサイトで行われるエンタープライズ製品の総合イベント「ITpro EXPO 2008」では製品候補版を先行公開する予定。