ワークスアプリケーションズ(ワークス)は12月26日、ERP製品「COMPANY」の会計シリーズ「COMPANY Financial Management」の新バージョン「COMPANY Financial Management 2008 for J-SOX」の提供を開始した。

 08年4月から施行される金融商品取引法(J-SOX法)への対応を強化。J-SOXに対応した各種機能を強化したほか、すべての操作記録をログとして記録・モニタリングできる「オペレーションログ機能」や、端末の操作状況をリアルタイムでモニタリングできる「アクセスモニタ機能」など、これまで大手企業向け会計パッケージでは搭載されていなかった機能を取り入れ、より高い内部統制レベルの実現と内部監査への対応コスト軽減を可能にした。

 「COMPANY」は、「カスタマイズ不要」と「無償バージョンアップ」を特徴としており、今回のJ-SOX対応強化版も、既存ユーザーには無償で提供する。