米マイクロソフトと日本ビクターは1月16日、コンシューマー向け製品の開発を促進するため、特許クロスライセンス契約を結んだと発表した。なお、これによりMSがクロスライセンス契約を結ぶ日本企業は10社目となる。

 今回の契約の目的は、日本ビクターとMSの関係をさらに拡大し、重要な技術情報の交換や各社の特許の自社製品への組み込みなどを促進すること。具体的な契約内容は非開示だが、同契約により日本ビクターがMSに対して経済的な補償を行うという。