テラステクノロジーは、スパム遮断アプライアンス「SPAM WATCHER」の拡販で、アスキーソリューションズと販売代理店契約を結んだ。同社を代理店に加えたことで、官公庁や教育機関市場でのシェア拡大を図る。

 独自開発したメモリ上でキューイング処理する高性能MTA技術を基に開発。スパム分析では、コムタッチのRPD技術と自社開発データベースによる検知や学習機能を活用し、高精度なスパム検出が可能。同社によれば、独自開発のMTAは汎用技術に比べ、約10倍高速にスパムをフィルタリングできるという。2バイト文字による日本語スパム処理にも対応している。

 ラインアップは、メモリの処理能力と容量別で4つを揃えた。価格は最小構成モデルで84万円から。アスキーソリューションズは企業ほか官公庁や教育機関などに拡販し、初年度100台の販売を目指す。