日立電線は1月28日、次世代のネットワークセキュリティシステム「AccessDefender」を搭載した認証スイッチ「Apresia4328GT」を2月1日に発売すると発表した。

 ファイアウォールや、VPN機能などの各種セキュリティ機能を1台に統合したiUTMの概念を取り入れた認証スイッチ。ネットワーク認証機能を核として、各種セキュリティ機能を1つに統合し、統合環境ならではの機能性と運用性を実現する。

 ネットワーク認証機能では、国際標準規格であるIEEE802.1X認証と独自の認証方式「ApresiaNA」で実績を積んだWEB認証とMAC認証、IPアドレスを利用するゲートウェイ認証を使用できる。また、統合するセキュリティ機能は、特定の条件に該当する通信を認証状態に関わらず許可する「認証Bypass機能」、悪意を持ったユーザーがネットワーク認証完了後にネットワーク上のデータの盗聴を防ぐ「LAN盗聴防止機能」などを搭載する。

 1000BASE-Xに対応するSFPポート4基と、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tに対応するポート24個を1Uサイズに実装。28ポート全てをギガビットイーサネットに対応させながら、消費電力55Wに抑えた。また、静音性に配慮し、スイッチへの負荷や周辺温度に応じて必要な場合にのみ冷却ファンを動作させる「準ファンレス方式」を採用した。

 また、日立電線は、オールインワンIP-PBX「AquaVocal」と、ジュニパーネットワークスのiUTM)「ジュニパーネットワークス・セキュア・サービス・ゲートウェイ(SSG)5シリーズ」との動作連携を確認したことを発表した。

 いずれも中小規模オフィス向けの製品で、両製品を組み合わせることにより、ユーザー数に合わせて効率的にIP電話の導入が行える。さらに、SSG5シリーズのVPN機能を利用することにより、インターネット経由で遠隔地に設置したAquaVocalの設定変更が行えるため、システム担当者が出張させることなく、トラブルなどへの対応を行える。