ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫社長)は、H3Cテクノロジージャパン(陳宇耀代表取締役)とスイッチ製品の販売で提携し、Windows Server 2008対応の検疫ネットワークシステムを搭載したH3C製スイッチ「S3100シリーズ」「S5100シリーズ」を販売する。

 Windows Server 2008は、NAP(ネットワークアクセス保護)と呼ぶ検疫ネットワーク機能を備えるのが特徴。ソリトンはNAPに対応した検疫ネットワークシステムを開発し、ハードウェア・プラットフォームとしてH3C製のスイッチを選択。両社の提携により、H3CがNAP対応機能を持つスイッチを開発・製造し、ソリトンが販売する体制を築いた。

 検疫手法は、DHCPベースの「NAP-DHCP」を採用。DHCP技術は、固定IPアドレス端末は対象外になることや、正規ではないDHCPサーバーの場合、不正に持ち込まれた端末に対するセキュリティが保障されないといった問題があったが、ユーザー単位のIPベースでアクセス制御することで、高度な認証や検疫、制御を実現したという。