シーイーシー(CEC、新野和幸社長)は、センサー技術やソフトウェアによるデータ分析により、冷蔵機器などの消費電力をコントロールできる新システム「EcoBino(エコビーノ)II」の販売を2月から開始。グリーンIT事業を強化する。

 「EcoBino II」は、ITで効率化することで、スーパーマーケットやコンビニなど小売店舗の電力消費量を抑え、二酸化炭素の排出量を削減する省エネシステム。マルチメーカー対応のため、システム導入時に冷蔵機器を買い換える必要がなく、その分、初期投資を抑えられ、迅速に展開できるのが特徴。

 同社は、06年に同種のシステムを「EcoBino」の名称で製品化。今回、「EcoBinoII」にバージョンアップし、データ分析性能の向上や冷蔵庫などメーカー固有の仕様に依存しない仕組みを強化した。すでに阪急百貨店系のスーパーマーケットで仮運用フェーズに入るなど、順調な滑り出しという。今後1年間で15億円の売り上げを目指す。