GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG、相浦一成社長)は、ASP型クレジットカード決済サービスで、安全・高機能・簡単導入を両立した「PGカード決済サービス」を発売した。

 主にインターネット通販やコンテンツ販売事業者向けのクレジットカード決済処理代行サービス。同サービスを導入することで、自社で運営する通販サイトなどで商品の売買があった際、自社でシステムを構築せずにクレジット決済が可能になる。サービスは、機能の種類と数に応じて「Entry」「Standard」「Advanced」の3つのグレードを用意した。

 新たに追加したセキュリティ機能では、クレジットカード情報をユーザーのシステムに保持する必要をなくしたほか、第3者の不正利用を未然に防止する本人認証など4つの機能を搭載した。このほか「Standard」「Advanced」にはカード情報登録機能を搭載し、「Advanced」はカードの有効期限や番号失効による販売機会の損失を防ぐための継続課金機能も備える。