フォトロン(塚田眞人社長)は、講義自動収録/動画コンテンツ作成システムとの連携性を強めた映像コンテンツ管理配信システム「Power Contents Server」を3月10日に発売する。価格は、294万円から。

 講義自動収録システム「Power Rec」シリーズで作成した映像コンテンツやWMVファイルを管理・配信できるシステム。「Power Rec」と組み合わせることで、PC画面や書画カメラの映像、複数の入力映像ソースを合成した映像などをライブ配信できる。

 このほか、コンテンツ管理機能も強化し、アクセスコントロール、視聴ユーザー管理、コンテンツ管理、視聴状況確認、一括登録など、教育現場で必要とされている機能を搭載した。