北海道札幌市に本社を置くシステム開発ベンチャーのアンタス(佐藤敏彦社長)は、自社開発の「インターネット広告配信システム」を本格的に売り込む。同システムは「検索連動型広告」や「モバイル広告」のほか、「行動ターゲティング」など、先端のインターネット技術を搭載している。成約率や費用対効果を重視しながら既存事業の拡張として、安価にアフィリエイト広告やリスティング広告事業を立ち上げ収益を上げることを狙うWebサイトに最適なシステム。同社はこの先、Web構築会社などとのアライアンスを強化する。

 同社の「インターネット広告配信システム」は、大手ポータルが展開するページビュー(PV)に裏打ちされたPV保証型広告や期間保証型広告だけでなく、中小メディアを対象にして成約率を重視したリスティング広告やアフィリエイト広告などで課金する仕組みを採用している。

 実際に数社のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と共同開発・業務提携することで、「きめ細かく改善してきたシステム」(風間郁也・ビジネスプロモーター)を構築し、情報媒体を所有するすべての企業のWebサイトなどに導入できるシステムに仕立てた。

 このシステムを応用すれば、企業は自社サイトを利用して消費者を資料請求や商品購入、会員登録などへ誘導でき、営業支援と販売促進を図れることを売りにしている。

 同社はカスタマイズ型のポータルサイト構築パッケージも提供しているため、ブログやアフィリエイト広告を簡単に貼り込むことができ、アフィリエイター向けのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を提供することが可能となる。

 風間ビジネスプロモーターは「他社のシステムと異なり、パソコン版とモバイル版を用意している。特にパソコン版のASP(アプリケーションの期間貸し)に強みをもつ。システム構築から保守・運用まで面倒をみられる」と、特徴を語る。

 現在、同システムは新聞社のWebサイトなどに採用されている。こうした案件を増やすため、Webサイト構築会社やSEM(検索エンジンから自社サイトへの訪問者を増やす手法)/SEO(サーチエンジン最適化)を提供するベンダー、少ない資本でアフィリエイト事業を立ち上げるWeb事業者などとのアライアンスを強化する。