エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、米Pegasus ImagingのPDFソフトウェア開発ツールキットの最新版「PDF Xpress v2」を発売した。

 PDFファイルの読み込みや作成・表示機能のアプリケーションソフトを容易に開発できるツールキット。最新版では、PDFドキュメントのコンテンツへのアクセス・編集機能を拡張。注釈やしおり、サムネイル、メタデータの追加・削除・変更を可能にした。複数PDFの結合や分割もできる。

 「Microsoft .NETコンポーネント」と「ActiveX COMコントロール」の両方を提供。ほかの「Pegasus Imaging」コンポーネントとの結合で、メモリからの読み込みやメモリへの書き込みを新たに利用することも可能。

 価格は、1開発者ライセンスで「PDF Xpress Professional Edition」が24万9900円、「同 Reader Edition」が19万1100円。開発したアプリケーションを配布・運用するには、別途ランタイム(配布用)ライセンスが必要。