セイコーエプソン(花岡清二社長)は4月30日、碓井稔・常務取締役が代表取締役社長に昇格する人事を発表した。6月25日の定時株主総会を経て正式決定する。

 なお、現社長の花岡清二氏は、引き続き代表取締役として会長職を担当し、新社長とともに経営の中軸を担う。また、現会長の草間三郎氏は、任期満了により同日付で取締役を退任し、相談役に就任する予定。同じく副社長の丹羽憲夫氏は、任期満了により同日付で取締役を退任する。

 碓井氏は長野県出身で、東京大学工学部を卒業後にセイコーエプソンへ入社。02年6月に同社取締役、07年10月に現職である常務取締役に就任した。