NTTソフトウェア(伊土誠一社長)は、サピエンス・ソリューション(サピエンス、山下亨社長)、ジェクシードコンサルティング(藤田亨社長)と、企業のROIを改善する業務システム開発で協業した。短期間でオーダーメイド開発が容易なRAD(高速アプリケーション開発)ツールを使い、企業の業務見直しから保守までを一貫して提供する。

 業務システムの定型的な処理を自動生成するサピエンスのRADツールを利用し、オーダーメイド業務システム開発をサポート。ジェクシードコンサルティングの業務改善のコンサルティングノウハウと、NTTソフトウェアのシステム構築・保守ノウハウを組み合わせることで、利用企業の業務の効率化とコスト削減を支援する。

 従来のメインフレームの再構築だけではなく、ウェブシステムとの連携やインターネットを使った他社システムとの連携など、NTTソフトウェアが持つセキュリティ技術、Windowsアプリケーション開発技術を活かしたシステム構築も提供する。3社では今後3年間で10億円の売り上げを目指す。