フルノシステムズ(藤尾凱司社長)は、無線LAN製品「UNIFAS」を神奈川大学(中島三千男学長)に納入、学生1万8000人に対応できる国内最大級の無線LANネットワークを構築した。

 神奈川大学は、5年前から無線LAN構築に取り組んでいたが、無線LAN拡張による導入および運用コストの増大、管理の複雑化が課題になっていた。フルノシステムズの「UNIFAS」がこうした課題を解決できると判断し、アクセスポイント(AP)231台と大規模ネットワーク管理に対応する「UNIFAS Managed Server」の導入を決めた。

 フルノシステムズでは、今回のプロジェクトで得たノウハウを生かし、文教市場でユーザーの要望に応じた柔軟な無線ソリューションを積極的に拡販する計画。