富士ソフト(野澤宏会長兼社長)は、今年10月からSaaSに本格参入する。グループウェアなど主に企業の情報系システムをSaaS方式で行うもので、インフラは自社の都心型データセンター(DC)を活用。同DCは約400ラックの規模で、最新のブレードサーバーに完全対応した設備としては、東京・JR山手線内で最大級を誇る。

 アプリケーションの一部は既存のISV製を採用する。グループウェアはネオジャパン、表計算はインフォテリア・オンラインを予定している。サービス開始までに文書管理や勤怠管理、ワープロなども揃える方針。携帯電話からも閲覧可能にする。1つのIDで複数のサービスに同時ログオンできるシングルサインオン機能によって、ユーザーは複数のサービスを横断的に利用できる。「コストパフォーマンスが高く、利便性の高いサービス」(堀田一芙副社長)に仕上げることでシェア拡大を狙う。今後5年間で50万IDの販売を目指す。