バックボーン・ソフトウエア(大越大造代表取締役)は5月27日、米国BakBone本社がBakBone Japanに専用の開発/検証リソースを確保すると発表した。これにより、日本の顧客基盤をさらに強化し、そのテクノロジの幅を広げていく狙い。

 顧客基盤強化のために、既存の開発チームに日本専用の開発/検証リソースを構築し、日本に向けた独自の開発や認定動作テストを行う。さらに、Linux、Windowsマーケットのシェア拡大のため、NetVault Backup Standardパッケージの販売や、NetVault Backup製品のサブスクリプション・モデルを提供する予定。