富士通(黒川博昭社長)とマイクロソフト(樋口泰行社長)は5月28日、富士通の総合検証センター「Platform SolutionCenter」内に、「富士通 Hyper-V 仮想化センター」を共同で設立したと発表した。

 富士通のサーバー「PRIMERGY(プライマジー)」とMSのサーバーソフト「Windows Server 2008」に標準で搭載する仮想化技術「Hyper-V(ハイパーブイ)」を使った仮想化システムの構築を支援する。「Hyper-V」による仮想化システムの導入検討、設計、構築フェーズでの商談支援と技術支援窓口に位置付ける。

 また、物理環境から「Hyper-V」による仮想環境への移行やサイジングに必要な技術情報などを提供。同時にMSの「System Center Virtual Machine Manager 2008」などのツール技術とサーバー総数320台の検証環境を利用して、デモンストレーションや実機検証作業を実施する。

 さらに、「Hyper-V」を使った仮想化システムの提案パターンや設計情報、構築事例など、構築・運用に必要な最新技術情報を提供。「Hyper-V」に関する技術研修、教育など、人材育成も行う。

 MSは今夏に「Hyper-V」の提供を予定しており、富士通とセンターを通してユーザーが安心して「Hyper-V」の仮想化システムを利用するための環境を提供することで利用者の獲得を図る考え。