トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は5月29日、企業向けのWebゲートウェイセキュリティソフト「Trend Micro InterScan Web Security Suite 3.1」を6月2日に発売すると発表した。

 企業ネットワークとインターネットの境界で、Webサイトとの通信やファイル転送などの際に潜むウイルスやスパイウェアの検出を行うWebゲートウェイセキュリティソフト。Webサイトの危険度を採点してセキュリティに問題のあるWebサイトへのアクセスを防ぐ「Webレピュテーション」機能を搭載し、Web経由での連鎖型攻撃を防ぐ。また、管理コンソール上で、ウイルスやスパイウェアの感染状況、クライアントの接続状況をリアルタイムにグラフ化し、期間を指定して運用状況をレポートとして集計することもできる。

 対応OSは、Red Hat Enterprise Linux 4.0/5.0、SUSE Linux Enterprise Server 10。税別の参考価格は、1年間のサポートサービス料金と1000ユーザあたりの使用許諾料金を含め、133万円。ユーザ数に応じて割引料金が適用されるボリュームディスカウント制を採用する。