マイクロソフト(樋口泰行社長)とロジテック(葉田順治社長)は、ストレージソリューション分野で協業した。

 マイクロソフトはロジテックに対し、Windows ServerベースのNASシステム開発のための技術協力を行い、ロジテックはNAS専用OS「Microsoft Windows Storage Server 2003 R2(WSS 2003 R2)」に最適化した製品を開発する。

 協業の第1弾として、ロジテックは「WSS 2003 R2」を搭載したNAS「竹(LSV-5Sシリーズ)」を6月15日に発売する。1.0GHzの高速CPUとギガビットイーサネット(1000BASE-T)対応LANポートなどを搭載。データ領域にRAID5、OS領域にRAID1を構成し、ディスクの信頼性を確保した。税別価格は15万8000円から。

 今回の協業を機に、ロジテックではNASラインアップを見直し、Linuxベースの製品販売を終了する。今後すべてのNASで「WSS 2003 R2」を採用する計画。マイクロソフトは、急ローエンドNAS市場でのシェアを10年までに倍増させたい考え。